交通事故の過失割合相談で適正かどうか弁護士に判断してもらいましょう。